Frequently Asked Questions

  

P.IArt Centerへ入学するにはどうすればいいですか?

  

P.I.Art Centerへ直接お越しになるかeメール又は電話にてお問い合わせ下さい。 担当の者がご相談を伺います。

 

P.I.Art Centerでの授業は全て英語なのでしょうか?

本校の美術クラスは、米国美術大学の教授が担当しているので、授業は英語での進行になります。しかし基礎アートクラスについては、何人か日本人の講師も在籍しているので日本語での授業も受けることが出来ます。

 

美術も英語も初心者なのですが、美術大学へ入学することは出来ますか?

本校は、美大合格に必要なTOEFLと美術の両方を勉強できるカリキュラムが組まれています。アートクラスは基礎クラスからポートフォリオ制作クラスまで幅広い授業を展開していますので美術経験がなくても大丈夫です。基礎アートクラスでしっかり美術の基礎を学び、ポートフォリオ制作クラスで志望校の合格水準に達するポートフォリオを制作出来るよう本校は最善の指導をしています。また、英語が苦手な方でもTOEFL初級クラスで英会話形式を交えた学習からスタートできますので心配は要りません。基礎的な英語力を身につけた後に戦略的な試験対策を基にした勉強術により、短期間で着実にTOEFLスコアを伸ばすことができます。本校は誰でも美術大学へ入学できる教育システムを提供しています。あとは本人の挑戦する気持ちの問題です。

 

美術にもたくさんの学科があるのですが、どのように選べばいいのでしょうか?

  

学科を選択することは大変難しいことですし、慎重に決定すべき問題です。多くのP.I.学生も同じような問題に直面し、悩んでいます。しかし、ポートフォリオの制作過程や経験豊富な講師のアドバイスにより「自分」が持っている才能や個性をとことん模索、追求し、結果的にそれぞれ自分の進路を決めて大学に進学しています。まずは、悩むよりも作品制作を開始することを強くお勧めします。

  

 

PIアートセンターに入学審査官が訪問し、直接ポートフォリオを見て、合格者を選抜するシステムがあるようなのですが、それはやはり米国市民権を所有している学生のみが対象なのでしょうか? 留学生でも可能なのでしょうか?

  

もちろん留学生でも可能です。PIアートセンターでは、米国美術大学への入学準備期間を短縮する様々なプログラムやサービスを実施しています。一般入試公募の前に実施されるこの特別審査はPI学生だけが受けられるメリットの一つです。このプログラムの本来の目的は、入学審査官によるポートフォリオレビューを通じ、各学生が志望校の評価基準と趣向を明快にすることにあります。このレビューの過程で、優秀な学生は、入学審査官によりその場で入学許可証を発行してもらうことができます。このプログラムは、米国市民権を保有しているか否かは一切問われません。留学生でも入学許可証を受け取ることができます。とどのつまり、全ての学生にとって特別審査日までに質の高いポートフォリオを完成させることがカギとなってくる訳です。

*尚、本校のCollege Admission Serviceの申請者のみを対象としたプログラムです。

  

 

P.I.Art CenterからPRATTやParsonsに入学した学生たちの内、膨大な奨学金を受け取った日本人学生がいたようですが、彼らは留学生の身分で奨学金を受け取ったのでしょうか?

はい。彼らの内数名は、留学生の身分でありながら、多額の奨学金を受け取りました。確かに、アメリカの大学は留学生よりもアメリカ市民権を有している学生により多くの奨学金を与えています。似通った実力と成績の学生の場合、アメリカ市民権を有している学生の方が留学生よりも奨学金を受け取る確率は高いです。しかし、ポートフォリオの成績が優秀である場合は、留学生の身分でありながらも多額の奨学金を受け取った前例もあります。言うなればアメリカは本人の実力によってチャンスを掴める機会が数多く存在するということです。奨学金もその内の一つでしょう。本校は奨学金獲得も視野に入れ、できるだけ多くの学生が奨学金を受け取るよう指導しています。あとは本人の頑張り次第でしょう。

 

 

P.I.Art Centerに入学する為に、英語を勉強しなくてはいけないのですか?

勿論、英語が話せるにこしたことはありません。しかし本校入学の為の英語試験は実施しておりませんので英語が出来なくても入学できます。本校の講師陣は英語ができない学生への対応も経験豊富なので大丈夫です。TOEFLについても英語ができない人は英会話形式を交えた初歩的な英語学習からスタートできるのでご安心下さい。