アート留学の目的

 

海外においてアート、デザイン(ファッション含む)を学ぶという事が一般的にアート留学と呼ばれるものですが、そのアート留学においての目的には様々なものがありますが、ほとんどの方が目指していくものは、世界において活躍、活動できるアーティストになることです。

グローバル化が進み、海外のアート、ファッションの情報が即時に手に入る今の時代では、一度、アートやファッションに興味を抱けば、その興味は日本だけでは収まらずおのずと世界へと向けられていきます。現に、日本ではあまり知られていなくとも、世界で有名な日本人のアーティストやデザイナー、または、企業などで働いているアニメーター、グラフィックデザイナー、ファッションデザイナーなどたくさんの方がいます。そして、その方々のほとんどが、海外でアートを学び、そのまま拠点を置き、活動しています。そういった情報を入手していくうちに、自分もそのステージで活躍していきたいという思いから、海外への留学を決心していく人がほとんどであると思います。

 

そして、このアート、デザイン留学の仕方には主に3通りあり、一つはアート系大学留学、二つ目は日本から直接インターン先を探す、そして最後は大学に行かずにビザを本校や他の語学学校などに通いながら維持し、アートの勉強、活動をしていくというものに分かれます。

 

海外の大学へは行くべきか?

 

そして本校としては、学生に大学へ行くことを強く勧めています。それはもちろん将来の夢や掲げている目的にもよって変わってきますが、まず大学によって得られるものは、知識、経歴、教養、そして人脈など、様々なものがあります。経歴は専攻によってはそこまで影響しないものの、知識と人脈は今後、その地で活動していくにあたってどの分野でも何よりも必要なものであると言えます。そしてそれらは、一個人では中々得ることができないものなのです。 

これらの要素を持って活動するのと、自分の力のみで活動をするのでは、自分の夢や目的に向かうまでのスタートライン自体が圧倒的に違うと言えます。

例えば、グラフィックデザイン専攻でニューヨークにある大学に進学すると、まずそこの大学の教授と繋がります、そして同じクラス内に同じグラフィックデザイナーを目指す生徒達と繋がりができます。その繋がりからインターンや仕事の紹介が在学中、または卒業後にあり、グラフィックデザイナーの経歴として就職時に強く生きてきます。また、それと同時にアメリカでのデザインプロセス、様式などを学ぶことにより、即戦力として活動をすることができるようになります。

 

しかし、必ずしも大学進学をしなければ、その土地で活動することができないという訳では決してありません。本校では、イントロクラスを受講しながら、ポートフォリオの作り方などを学び、自らが活躍できる場を一生懸命探しながら活動している生徒も多く見られます。過去に本校のスタイリストを目指しているファッションのイントロクラスをメインに取っていた生徒で、スタイリストのアシスタントのアシスタントのような立場から、地道にノウハウを学び、約3年後にようやく雑誌の表紙を任されるようなスタイリストになることができた方もいました。つまり根気と努力さえあれば時間は掛かるかも知れませんが、実力社会のアメリカでは、十分にそのようなポジションまで登りつめることはできます。そして本校にはそのような大きな夢や目標を掲げている同じような生徒がたくさん在籍し、互いに協力し、励ましあいながらその目標へと向かっていく場所があります。

 

海外留学について

 

 「海外留学」と言っても、いろいろな種類があります。短期または長期で語学学校へ行く語学留学、研修生として企業などで働くインターン、一年間働きながら海外の文化に触れるワーキングホリデー、大学のネットワークを活かした交換留学、そして海外の大学に受験し通う大学留学など、様々な目的が海外留学にはあります。そして、留学にはたくさんの費用がかかり、さらに、やり方によっては失敗してしまうリスクさえある、いわば自己投資のようなものです。しかしながら留学の魅力というのは、成功、つまり目的をしっかり成し遂げれば、費用、目的以上のものを得ることができるということにあると思います。

 

誰でも挑戦できるアート留学

 

 

 さて、その「海外留学」ですが、一般的に、特に日本では少し敷居が高いと思われがちです。そもそも、海外に住むということ自体に抵抗がある方のほうが多いかもしれません。しかし、インターネット、公共交通機関などの著しい発達によるグローバル化が急速に進んでいるため、実際は海外留学の敷居というのは昔に比べとても低くなっているというのが現状です。

現に、アメリカにおける留学生の人数は2000年に比べると約1、7倍も伸びており、2014年には約90万人を記録したと言われております。

 

そして、いくら敷居が低くなっていると言われていても、海外の大学に行くとなると、他の留学に比べ少々難しく感じるかもしれません。しかし、それもしっかりとした下準備さえあれば実はさほど難しいものではないです。もちろん、専攻や大学によっては難易度は変わりますが、アート系の大学に関していえば、アートの経験がなくとも、しっかりとアートクラスでポートフォリオを準備していけばアメリカのトップクラスの大学も夢ではありません。